電話アイコン

TEL 070-8946-6020

(受付時間 12:00 〜 21:00)

LINE公式アカウント友達追加ボタン

コンタクトアイコン

無料体験レッスンに申し込む

空気のように

映画やドラマで英語を勉強する、覚える、そしてその方法などがYoutubeやさまざまなSNS公開されていて、皆さんも目にしたことがあると思います。

そして、やってみたいな、と思ったことも何度もありますよね、きっと。

でも。。。結構、挫折していませんか?

私はそもそも、『英語を勉強する』という言葉自体が好きではなくて。

楽しく興味を持って、自然に覚えていけたらな、と思っていて、それを知らず知らずに実践してきました。

意識をしていないので、『こうやりましょう』とか、『こうやれば有効ですよ』とはちょっと言えないのですが。。。(先生としてどうなの?笑)

でも、私の経験ならお話できると思いますので、少しだけ聞いてください。

私はとにかく流していました。

空気のように。映画を。

真剣に見る時もありましたけれど、ほとんどはただ流しているだけ。

昔は今のサブスクように字幕を出したり消したり、日本語にしたり英語にしたりなんてできませんでしたし、そんな勉強法も知りませんでした。

でも、私は英語が大好きでしたし、自分の部屋にいる時は海外にいるような気分になりたかった。

だからとにかく英語を流していました。

でも音声だけではつまらないので、映画を。

その中で、私がヘビロテをしていた映画が3つあります。

一つ目は『Catch me if you can』ディカプリオ主演の映画で、事実を元にした映画です。

内容が本当に面白かったですし、会話も小気味よく、耳に残りやすかったです。

これは本当によく流してました。

二つ目は『Big Fish』こちらは、ちょっとファンタジーが入ったような不思議な映画ですが映像も綺麗ですし、何より大好きなユアン・マクレガーが出ていたので。

彼のイタズラっぽい、でも艶っぽい声を耳にしているだけで幸せに感じました。

これは気に入って原作の小説も買いました。

三つ目は『普通じゃない』こちらもユアン・マクレガーと、これまた大好きなキャメロン・ディアスが共演していまして、楽しい映画です。

どれもこれももう空気のように、流していました。

それが英語の上達に役立つかは分かりませんが、たまには皆さんも『英語の勉強』はやめてみては?

勉強という角度からではなく、英語を空気のように感じてみてはいかがでしょうか。

ダラダラ見てもいないテレビをつけているなら、映画を流す。

日本語でも英語でも同じですよね。

どうせ見ていないなら。

だったら英語がいいかな。

英語を空気にする。

結構いいですよ。


月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

電話 メール LINE